HOME
最新NEWS見出し

●Typical work_代表作
コンテナハウス

●TBS赤坂サカスProject
●古字利島のコンテナスタジオ
●コンテナ型オフィス
●コンテナカフェProject
●アルマーニA|X 神宮前
●アルマーニ海の家project(動画)
●POP_UP建築というジャンル
●ガレージハウス
●共同住宅としての卓越性
●ホテルとしての卓越性
●シェルター10防音室(ホビーRM)
●避難住宅としての性能
●駐車場利用ビジネスモデル
●ワケアリ土地利用project
●別荘建築としてのコンテナ
●東北被災地支援活動「番屋」
●意外に高級な寄宿舎project
●狭いけど心地よい究極の寄宿舎
●超耐震モデルとしての建築

●20FEET1台の集大成最小限住居
●FC等BIZ向け移動可能建築
●建築が動いてもいいぢゃないか
●アートとしてのコンテナ建築
●コンテナ型プラント格納project
●バッテリーコンテナproject
●デイサービス向けMODEL
●増築と減築_そして中古市場
●超繁華街における「一夜城」
●歯科医院としてのコンテナ建築
●トルネード回避シェルター
●名作建築のコンテナリモデル版
●サービス付高齢者賃貸住宅_A
●サービス付高齢者賃貸住宅_B
●超高利回りワンルーム建築
●離島建築というジャンル
HEAVY DUTY用途
●軍用:STACKING BASE
(民生品としても販売します)
●軍用:POWER_BASE
(民生品としても販売します)
etc

.コンテナ店舗

コンテナハウスの問い合わせ
・株式会社archimetal.jp
(アーキメタルドットジェーピー)
・東京都世田谷区下馬
・mail info@archimetal.jp
・Phone 03-5787-8203
・Fax   03-5787-8204
・FAQ(よくある質問)

建築を変える・ビジネスを変える
戦略会議
代理店につきましては
「会社情報」>「代理店情報」へ

コンテナハウス

 

コンプライアンス

コンプライアンス完全対応のコンテナハウス・コンテナ建築・コンテナショップです。

このコンテナハウス構造体は日本の建築基準法に準拠し、JIS鋼材を使用、国土交通省認定工場のRグレードの鉄工所にて認定溶接技術者が一定の認定環境で製造をしているコンテナハウスです。輸送用コンテナの中古を改造し建築用にコンバートしている業者様とは別の世界のコンテナハウスです。建築確認申請、完了検査を必ず受け、法的なコンプライアンスを完全実施します。

コンテナと建築を結ぶ真の意味を理解して頂ける深淵なWEB_SITEを目指して構築していきます。
-----------------------------------
建築という人類が創出した概念
ロジスティクスという世界観
鉄骨という技術と知恵
構造計画という知のインフラ
社会潮流という時代のカスケード
アートという情念の発露
ビジネスという棲息論
コンプライアンスという常識

上記総合体としてarchimetal.jp はコンテナ建築を造っていきます。
-----------------------------------

お知らせ

●話題作コンテナハウス
古字利島のコンテナスタジオ

レンタル開始(argonauts.co.jp)

●皆様が参加可能なビジネスモデル
(通所老人デイサービスセンター)
 経営希望者を募集中(指導付)

コンテナハウスとBIZ
アートとしてのコンテナハウス

建築とビジネスは常に隣り合わせのように見えます。建築は経済的要素も大きいからでしょう。それゆえアート的側面からは共通言語で語る事が難しく、その世界からは離されるベクトルの力が加わります。しかし、考えてもみてください。「わたくしたちの中に潜む自由な表現の発露」こそがアートの源です。それ、空間を造ろうとする時、誰でも持っている気持ちではないですか。わたくしどもはその気持ちを大切にしたいと願っているだけです。

後天的特質をBIZ化

我慢に我慢を重ね徹底的にしかも淡々と設計をやり続ける事によって、またクライアントの意見を聞きながら研鑽を重ねると、いくつかの後天的特質がコンテナハウスに生まれ始めてきました。
面白いもので、その特質を獲得するにはインターネットによって多くの情報を流す事によってより以上の情報が集まり、収斂的にたどり着く場所のような気がします。それらのアイデアは新たな世界を構築し、BIZの世界でも受け入れられてきました。インターネットは人知を加速させる装置でもあるのです。

●●●●●●●●●●●

 

archimetal.jpの小論

●stormfrontストームフロント

●アバターアーキテクチャ

●エヴァンジェリスト

●ゲニウスロキ(genius loci)私感

●建築が動いたっていいぢゃないか

●仮想空間のリアリズム

●メディアリテラシー

●昔見た事のある懐かしい未来

●3.11の津波を超えて目指す社会

●アカデミズムとマニエラ

●高齢化社会とコンテナ建築

●ロジスティクスとコンテナ

コンテナの達人WEB Ver.5.1_2016
新たな体制で
コンテナハウスの世界をリードしていきます。
「新たに広がった建築の選択肢の一つ」それが「コンテナハウス」「コンテナ建築」なのです。
最もアイデアと実績・ノウハウに満ちたWEB_SITE

 

 

Building a more sustainable future using the power of design.
建築はアートだとわたくしどもは考えています。

コンプライアンス完全実施コンテナハウス
(中古コンテナハウス_改造コンテナハウスとは別種の世界です)
ISO輸送用コンテナサイズの「建築用」システムモジュール
RE_BORN SINCE 2013

コンテナの達人Ver.5.0 (container_master V5.0)は 、コンテナハウス・コンテナ建築・コンテナ住宅・コンテナショップのWEBです。コンテナハウスに関する現在の正しい知識を反映させたWEBとしても信頼と独走のWEBです。

コンテナハウス
鉄の箱に命を吹き込む archimetal.jp

●archimetal.jpのコンテナ建築  
海洋輸送用コンテナと建築用に開発したコンテナハウスの違い

最新作

実施設計開始・東北 食の複合施設

石垣島 グランピング・コテージ・リゾート

sato

ISO海洋輸送コンテナは「建築に利用する」には面白い素材だと多くの方が考えますが、構造体が「壁パネル構造体」であることや、鋼材がJIS鋼材(建築基準法第37条)を使っていない事などから、現実にはISOコンテナは鉄骨の構造体として日本の建築基準法をクリアする事は真の意味では非常に難しいと考えられます。比較的判断を建築士に任せられた「4号建築」の世界でも「建築基準法第37条」は外されている訳ではなく、JIS認定材の問題はクリア出来ている訳ではありません。4号建築で比較的面積も小さいので可能かもしれないということは出来ますが、(面積も法的に規定されています)「4号建築だったら出来るぜ」っていうのも建築としては、みそっかすみたいで悲しい話です。

NTV

4号建築の場合でもそこから先の判断は「建築主事」が決める事となりますので、建築士の技量と建築主事の裁量ということになり、明確な事は申し上げられません。ただ、製造過程も製造工場も建築士が管理していなかった、何処の工場製だかも分からないISOコンテナの中古のハコに、建築士がどれだけ積極的に責任が持てるのかという事を考えると、中古のリユースという現代的要求を建前にしたとは言え、コンプライアンスというコトバに大きな意味が生じている現代に、積極的に使いたくなる方向性にあるとは言いがたいと当社は考えています。

ntv

しかし、それでもなお、「コンテナというモノが持つ概念は捨てがたい魅力を持っている」のです。建築が今までの歴史の中でなかなか獲得出来ないでいた特質を持っているのです。そこで、「日本の建築基準法をクリア出来、ISOコンテナとしても認められる、建築構造用コンテナを開発」し対応しています。研究すればするほど、コンテナハウスには実は大きな魅力が隠れていたのです。それはデザイン的なビジュアルにとどまらず、そのロジスティクス性、すなわちサスティナブル性へと繋がるその特質は、中古コンテナが持つ独特の魅力(謎)を超えて、新システムの建築用コンテナを開発する魅力を持っていたのです。

コンテナハウス
kouri_sundouners(40FEETX16本_4階建て)

千葉県知事賞を獲得した企画の紹介(動画)

https://www.facebook.com/kazuhiko.oya/videos/933481556731813/

コンテナ建築
アートとしてのコンテナハウス

最小限住宅
20FEET_1台デッキ付「最小限住宅」(コンテナ住居本体300万〜)
週末住宅・別荘などに最適

コンテナは建築ではない、固定資産税がかからないなどという議論こそようやくなくなって来たように思います。コンテナは建築ではないのではなく、建築としての用途に使うものは「建築」であり、そして「建築」と考えられるものには建築基準法が適用されるのです。
「流通の過程」としてコンテナを使っているものはコンテナであり、建築ではないのです。「流通の過程」にあるかどうかは「設備(電気給排水)が繋ぎ込まれているかどうか」が大きなポイント(国土交通省通達)になりますが、そんな議論にわたくしどもを引きずり込まないで、先に行かせてください。

相変わらず、海洋輸送用コンテナの改造建築があちらこちらで横行する中、わたくしどもはその事を誹謗中傷するなど、興味はありませんが、当社はそのグレーな世界を離れ、建築用コンテナを開発して可能になったコンテナハウスの世界をここでご紹介しています。法を守り、造り出せる世界の中で、最も大きな特徴は「ロジスティクスを内包する建築」という特質です。ある意味、メタボリズム建築なのです。また、「コンテナ」というコトバが持つシニフィエの多層性の中にあなたが感じるデザイン的魅力も多くあるのでしょう。当社はあなたの為に、それらを引き出すデザインをプロフェッションをもって応えていきます。

最新作_パンケーキカフェ(移設可能バージョン)

コンテナハウス

コンテナハウス

当社のコンテナは、建築基準法の建築の安全性を確保する為の基本的部分第37条をクリアします。JIS鋼材である事を確認出来る証明書(ミルシート)が出せるオリジナル設計のコンテナ構造体です。

その鋼材を国土交通大臣認定工場(Rグレード)で当社指定の設計内容で溶接加工し製造しています。鉄骨造の命は「溶接工程」です。グレードは必ずしも要件ではありませんが、大きな目安になります。溶接工は免許制度です。基本的にクリアすべき事なので、あなたが相談するコンテナハウス屋さんにそれが出来ているかどうかお尋ねください。役所の建築指導課などでもその遵法性をお尋ねください。わたくしどもは正しい品質と高度で繊細なアーティスティックな製品をお届けします。

それゆえ、当社のコンテナは上場企業などのコンプライアンス企業にも安心してご採用頂いています。コンプライアンスがますます当たり前の時代になる事は間違いない事実です。グレーなものは使えない時代となりました。

TBS
ラーメン構造ゆえに出来る「完全ガラス張り」のクリスタルコンテナ(TBS赤坂サカス)。
中古コンテナのなんちゃってコンバート建築には出来ません。

TBS
ガラスが入ったままでも吊る事が出来るほど「剛性」があります。
これはTBSの「赤坂サカス」
最後はこのようになりました(赤坂サカス会場写真)。

コンテナハウス
ODS_method デイサービス(Dr.OGAWAと開発)テント屋根のコントラストがキレイ。
実は世界初、片流れ屋根のコンテナを開発。
コンテナX老人介護の世界
人間の尊厳を守る活動


3階建てアルマーニイクスチェンジ 今は関連会社のカフェ

アルマーニ
アルマーニイクスチェンジ 海の家

report
A|X_beach lounge report(動画)

コンテナハウス
アルマーニイクスチェンジ 海の家
世界初、縦使い用に設計されたコンテナ。

 

コンテナハウス
ガレージハウス
世界初、上下階は向きを変えて重ねガレージ空間を作った。

コンテナハウス
デンタルオフィス Project 縦横使いのカタチのコントラストが変化を生む。

コンテナハウス
別荘 これはまるでコンテナには見えないバージョン

konntenahausu
神の島のK邸 日本初コンテナ4階建て 適合性判定をクリアした物件

コンテナハウス

コンテナハウス
神の島のK邸

コンテナハウス
パルシステム 館山 建築基準法クリアコンテナ 最初の作品

コンテナハウス
パルシステム 館山

コンテナハウス
コンテナショップ

コンテナハウス
石垣島 離島建築デビュー作

コンテナハウス
プラントコンテナ

コンテナハウス

コンテナハウス
別荘 40FEETX3 天井高2700mmを確保(限界)
ケーススタディーハウスを思わせる。


現代コンテナ建築研究所

コンテナの達人
archimetal.jp
お問い合わせ
info@archimetal.jp

東京都世田谷区下馬