HOME
最新NEWS見出し

●Typical work_代表作
コンテナハウス

●TBS赤坂サカスProject
●古字利島のコンテナスタジオ
●コンテナ型オフィス
●コンテナカフェProject
●アルマーニA|X 神宮前
●アルマーニ海の家project(動画)
●POP_UP建築というジャンル
●ガレージハウス
●共同住宅としての卓越性
●ホテルとしての卓越性
●シェルター10防音室(ホビーRM)
●避難住宅としての性能
●駐車場利用ビジネスモデル
●ワケアリ土地利用project
●別荘建築としてのコンテナ
●東北被災地支援活動「番屋」
●意外に高級な寄宿舎project
●狭いけど心地よい究極の寄宿舎
●超耐震モデルとしての建築

●20FEET1台の集大成最小限住居
●FC等BIZ向け移動可能建築
●建築が動いてもいいぢゃないか
●アートとしてのコンテナ建築
●コンテナ型プラント格納project
●バッテリーコンテナproject
●デイサービス向けMODEL
●増築と減築_そして中古市場
●超繁華街における「一夜城」
●歯科医院としてのコンテナ建築
●トルネード回避シェルター
●名作建築のコンテナリモデル版
●サービス付高齢者賃貸住宅_A
●サービス付高齢者賃貸住宅_B
●超高利回りワンルーム建築
●離島建築というジャンル
HEAVY DUTY用途
●軍用:STACKING BASE
(民生品としても販売します)
●軍用:POWER_BASE
(民生品としても販売します)
etc

.コンテナ店舗

コンテナハウスの問い合わせ
・東京都世田谷区下馬
・mail info@archimetal.jp
・Phone 03-5787-8203
・Fax   03-5787-8204
・FAQ(よくある質問)

建築を変える・ビジネスを変える
戦略会議
代理店につきましては
「会社情報」>「代理店情報」へ

コンテナハウス

コンプライアンス

コンプライアンス完全対応のコンテナハウス・コンテナ建築です。

このコンテナハウス構造体は日本の建築基準法に準拠し、JIS鋼材を使用、国土交通省認定工場のRグレードの鉄工所にて認定溶接技術者が一定の認定環境で製造をしているコンテナハウスです。輸送用コンテナの中古を改造し建築用にコンバートしている業者様とは別の世界のコンテナハウスです。建築確認申請、完了検査を必ず受け、法的なコンプライアンスを完全実施します。

お知らせ

●話題作コンテナハウス
古字利島のコンテナスタジオ

レンタル開始(argonauts.co.jp)

●皆様が参加可能なビジネスモデル
(通所老人デイサービスセンター)
 経営希望者を募集中(指導付)

コンテナハウスとBIZ
アートとしてのコンテナハウス

建築とビジネスは常に隣り合わせのように見えます。建築は経済的要素も大きいからでしょう。それゆえアート的側面からは共通言語で語る事が難しく、その世界からは離されるベクトルの力が加わります。しかし、考えてもみてください。「わたくしたちの中に潜む自由な表現の発露」こそがアートの源です。それ、空間を造ろうとする時、誰でも持っている気持ちではないですか。わたくしどもはその気持ちを大切にしたいと願っているだけです。

後天的特質をBIZ化

我慢に我慢を重ね徹底的にしかも淡々と設計をやり続ける事によって、またクライアントの意見を聞きながら研鑽を重ねると、いくつかの後天的特質がコンテナハウスに生まれ始めてきました。
面白いもので、その特質を獲得するにはインターネットによって多くの情報を流す事によってより以上の情報が集まり、収斂的にたどり着く場所のような気がします。それらのアイデアは新たな世界を構築し、BIZの世界でも受け入れられてきました。インターネットは人知を加速させる装置でもあるのです。

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

 

archimetal.jpの小論

●stormfrontストームフロント

●アバターアーキテクチャ

●エヴァンジェリスト

●ゲニウスロキ(genius loci)私感

●建築が動いたっていいぢゃないか

●仮想空間のリアリズム

●メディアリテラシー

●昔見た事のある懐かしい未来

●3.11の津波を超えて目指す社会

●アカデミズムとマニエラ

●高齢化社会とコンテナ建築

●ロジスティクスとコンテナ

被災支援活動_番屋の設計と設置
新たな体制で
コンテナハウスの世界をリードしていきます。
「新たに広がった建築の選択肢の一つ」それが「コンテナハウス」「コンテナ建築」なのです。

 

 

鉄の箱に命を吹き込む archimetal.jp

志津川本浜番屋 - Shizugawa Fishermen's Workplace "Banya"

東関東大震災で、全てを失った志津川の15人の漁師さんが、町の主要産業である水産業復活の拠点となる番屋を建てることになりました。震災前は、それぞれが異なる漁業形態を営んでいた15人の漁師さんですが、今回の震災により、これからは共同経営に基づき、各自の特色を生かして一日も早く養殖の再開、そして町の復興を目指したいと思っています。養殖が波に乗り次第、直売り場やオイスターバーを増築する可能性も考えています。

アメリカの「Architecture_for_humanity」の寄付で建設されました。

A group of 15 fishermen who lost everything for the Great East Japan Earthquake would like to rebuild their workplace and warehouse (called Banya in Japanese) as their new base of the town's fishing industry, which is the key industry of the area. These fishermen were used to operate individually, but now they would like to bring in each unique experience and idea to rebuild the collective aquafarming business. They hope the return of fishing business would encourage the speedy reconstruction of the rest of the town. Once their business takes off and gets enough harvest, they would like to open a market/oyster bar next to Banya.

コンテナハウス

コンテナハウス

40FEETコンテナ躯体を2台使い、それらを梁で繋ぐ事によって中間に作業スペースを作り出し、極めてローコストに「番屋」を作り上げた。
ただ、思った以上に作業者を確保する事が難しいという現実に遭遇し、通常の設置期間を大幅に越える製作日数を要した。さらにシステムの充実に力を入れたい。

3.11の津波を超えて目指す社会

多くの犠牲と、破壊がもたらした「道しるべ」を見逃す事なく、明日の社会に結実させる事が、我々に必要な事だと考えるのは、私一人ではないでしょう。多くの被災者はまだ劣悪な環境の中にいます。一刻も早く被災者を救うべき一つの行動「被災者のための仮設住宅」ですら、どこかビジネスの種となって被災者オリエンテッドには進まないこの日本の有様は、多くの人を落胆させます。今進むべき道を間違ったら日本は終わりです。この災害が語りかける「サイン」を見逃さずに、日本の進むべき道を、一人一人が「自分に出来る事に誇りを持って」進めば、もう一度「世界のリーダー」に戻って行ける大きなベクトルとパワーを生み出す事になるでしょう。

目指すものは何か?

震災・津波災害・原発事故被害の3つの打撃は大きなものです。比較的大きな地震にも関わらず、「地震そのものの被害」は震動周期が比較的建物倒壊に繋がりにくいものであったために巨大地震にも関わらず比較的被害は少なくて済みましたが、1000年に一度といわれる「津波」は人知の記憶を遥かに凌駕するものだったために激甚なる犠牲や被害を生みました。人災ともいえる原発事故に関しては終わりの見えない不安が社会を覆い尽くしています。立ち尽くしてしまうほどの今後の課題に向かって勇気を出して進まねばなりません。日頃役にも立っていないと思っていた行政が、率先して動かねば何も進まない状況となっています。あらためて「行政」の役割の大きさを知った訳ですが、その陣容に不安感があるのは、日頃はそこまでの要求が突きつけられる事のない想定外の大きな災害だった事にもよるでしょう。

被災地
凄惨な被災地(撮影:筆者 石巻市)
被災地

今後の最も大きな課題は複数山積みですが、その中で
1.三陸地域の未来を見据えた都市計画のありかた、復興のプロセス
2.原子力エネルギーの考え方とエネルギーの総合的課題と私たちのライフスタイルのありかた
3.地域が地域特性の中で生きて行くアイデンティティーを持つ事が出来る復興開発
など、難しすぎる課題に取り囲まれています。

建築にたずさわる者として、私どもが考える社会への参加の方法は、自分が持つ知識と知恵を拡大しながら使う事しかありません。私どもの会社立ち上げ以来のテーマは建築のサスティナビリティー、脱炭素、を増強するための建築システムの開発とその運用方法です。モジュラーユニットによる建築の開発と、それに取り合わせるべきシステムとのマッチングで一つの方向が見え始めた矢先の災害でもあったため、迅速なる設置に役立つ「仮設住居」と、決して捨てる事もなく「ずっと支えるもっと役立つ建築構造体」を提供する事によって、被災地の保護とその後の復興プロセスにまで参加出来るシステムで応援が出来ている事や、真摯に復興支援をお考えの企業さんなどと組んで、生活支援住居の提供にチカラを発揮出来る事は幸運だと思っています。

一方で、世の中がもの凄い勢いで「パラダイムシフト」が始まる事を、私どもはすぐに予感していました。原発事故を発端とする「エネルギー概念の変化」です。むしろ変化せざるを得ない状況でもありますから、そのシフトは間違いなく大きな力となって働くでしょう。求められるのは「脱原子力」「超省エネ生活」「産業可動時間の変化」結果的に「ライフスタイルの余儀ない変革」です。この事は「原子力エネルギー」が登場せざるを得なかった社会の成長プロセスを否定するものですが、時間が経過し、再生可能エネルギーの利用技術が進んだために、必要とされながら、まだ大丈夫原子力があるし効率的といって、足踏みをしていた技術の世界が一気に加速し、世界を変えるほどの変化が可能な状況を、引き起こそうとしています。エネルギー改革です。これは代替エネルギーのような「新エネルギー登場」によって改革されるのではなく「意識の変化によってもたらされるエネルギー改革」といえるでしょう。

さて私どもは向かって行く方向を感じています。既に研究は進めていましたが、今は確信を持って進める事が出来ます。
1.サスティナブル建築の更なるシステムアップ
2.エコロジー住宅へ向かう道筋
結論から言えば

コンパクトで強靭で、超省エネ概念の、再生可能エネルギーからのエネルギーで概ね済ませる事が出来るサスティナブル建築の完成を目指す事です。それは最終の着地点ではDC24Vの世界で稼働する住居となるでしょう。

コンテナサイズから始まった当社のモジュラーハウジングシステムは、「コンテナで家が建てられますか?」「暑くないですか?」などという初期の場所からはもう全然遠い世界までやって来ました。
しかし私どもの法人のコンセプトは「生活にアートを」は変わりません。アートが人に与える癒しや、エネルギー、奮い立つ心、総合的なパワーを生む源は「人と人との間にある文化的チカラ」であることは変わらないと考えています。

現代コンテナ建築研究所
コンテナの達人
archimetal.jp
お問い合わせ
info@archimetal.jp

東京都世田谷区下馬