HOME
建築基準法への対応


スーパーダイジェスト

●建築基準法に完全対応しています。他社にはありません。

コンプライアンス完全対応
可動性が可能にする、
サスティナブルで
エコロジカルなユニット建築

CORPORATE CONCEPT



開発者よりひとこと

私どもは、このコンテナハウスの建築システムを「サスティナブルユニットアーキテクチャ」と呼んでいます。
その自由度がもたらすサスティナビリティーを活かし、LOHASなシステムとして整いました。
間仕切のシステム、開口部のシステム、連結のシステム、設備配管のシステム、連結時の構造体のシステムなど、実はきちんと整ったシステムでありまして、建築用とはいえ、出来上がった箱を改造している訳ではなく、それらのルールを守って注文の度に組み上げています。
その中で「規格住宅」としてデビューさせたのが「ワンデザインクラス」というローコストバージョンの住宅で、これは内容が決って、量産体制をとりローコスト化した廉価版です。
一般にはご要望をお聞きして企画を練り、ご提案する「注文型」がメインです。こちらは「もはやアートだ」というレベルで対応しています。
したがって「別荘」や「店舗」などにうってつけのシステムです。湘南国際村作業所で、熟練された同じ職人が造り上げて行きますので品質を高く一定に保てます。

コンテナハウスコンテナハウスの建築基準法への対応

●この部分は非常に大切な部分なので他頁にも何回も書いています。もうお解りいただいていると思いますが、海洋輸送用ISOコンテナは建築用に開発されたものではなく「ロジスティクス」の為に開発されたものなので、改造によって建築に使いましても、建築基準法をクリア出来るものではありません。

私どもは「今そこにあるISOコンテナを改造して売っちゃえ(しかも中古<爆>)」という立場ではない事をお解りいただき、ISOコンテナのロジスティクスを利用した新しい建築システムを推進しているという事をご理解いただければと思います。

「建築の世界」では「鉄骨造」は以下の項目をクリアせねばなりません。これがコンプライアンスです。

鉄骨造の場合、
1. 主要構造材がJIS鋼材である事。
(ISOコンテナはJIS鋼材を使っていません)

2. 溶接工程を、JIS認定をとれたグレードを持った工場で溶接する事。
(一般的にコンテナ工場はJIS認定ではないので、この基準から外れてしまいます)

3. 2階を超えたら「構造計算書」を必要とする事。
(ISOコンテナは鉄板の壁構造なので構造ソフトで解析出来ません)

4. 6mmを超える鋼材の溶接部分は超音波探傷テストなどを行ない、溶接の完成度をチェックしなければなりません。
(一般的に中国や韓国では国内で通用する第三者機関に来てもらうのが難しい)

という要件を最低満たさねばなりませんが、少なくともコンテナ業界の方々は、建築業の方々ではないので、建築知識もなく、まず対応は無理でしょう。当社はそれらを全てクリアーしています。そこまでやってこそコンテナ建築が出来るのです。門外漢が追いかけるのはまず不可能です。

当たり前でありながら、何となく、行政の対応もうやむやだったコンテナの世界も、国土交通省がはっきりと方針を打ち出しました。法の遵守に関しまして、「コンプライアンス」というコトバが浸透したこの日本では、もう既に当然の事として守らねば社会性のある活動は出来ません。我々のパーフェクトな「コンプライアンス性」に対して、社会性の高い上場企業などの方々からは、安心してご注文をいただいております。そして、さらに我々は国内で使用が許されている建築材料をやがて中国で発掘し、あるいは生産させ、中国で内装も仕上げるなど、さらにコストダウンやデザイン開発に挑んでいきます。

コンテナ建築に興味を示していただく「建築設計事務所」に関しては技術協力、施工協力を行なっておりますので遠慮なくご相談ください。一般の方はもちろん直接ご相談ください。工務店関連の方は、継続的取り扱いに関しては「代理店契約」のシステムがございます。

現代コンテナ建築研究所
archimetal.jp & Co.
shimouma setagaya-ku_tokyo_japan
info@archimetal.jp
Phone03-5787-8203 Fax03-5787-8204