HOME
デザインの可能性


スーパーダイジェスト

●コンテナハウスに我々は無限の可能性を感じています。

●設計事務所の方々とは「コラボレーション」で新たなデザインにも挑戦しています。

●設計事務所の方々は遠慮なく、お問い合わせください。技術的サポート、施工サポートやっています。なお当社は「コンテナ建築」だけでなく「在来工法」の施工も出来ますので、コンテナと組み合わせ、あるいはハイエンドデザインの建築など喜んでお手伝いいたします。

●直接のお客様は、個人、法人を問わずお声をおかけください。

●新たなカタチの「商品づくり」もお手伝いしています。

例=シミュレーションゴルフ

●こんな事出来ないかなど遠慮なくお問い合わせください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コンプライアンス完全対応
可動性が可能にする、
サスティナブルで
エコロジカルなユニット建築

CORPORATE CONCEPT



開発者よりひとこと

私どもは、このコンテナハウスの建築システムを「サスティナブルユニットアーキテクチャ」と呼んでいます。
その自由度がもたらすサスティナビリティーを活かし、LOHASなシステムとして整いました。
間仕切のシステム、開口部のシステム、連結のシステム、設備配管のシステム、連結時の構造体のシステムなど、実はきちんと整ったシステムでありまして、建築用とはいえ、出来上がった箱を改造している訳ではなく、それらのルールを守って注文の度に組み上げています。
その中で「規格住宅」としてデビューさせたのが「ワンデザインクラス」というローコストバージョンの住宅で、これは内容が決って、量産体制をとりローコスト化した廉価版です。
一般にはご要望をお聞きして企画を練り、ご提案する「注文型」がメインです。こちらは「もはやアートだ」というレベルで対応しています。
したがって「別荘」や「店舗」などにうってつけのシステムです。湘南国際村作業所で、熟練された同じ職人が造り上げて行きますので品質を高く一定に保てます。

コンテナハウス
デザインの可能性

●コンテナハウス・コンテナ建築のデザインの可能性について書いてみましょう。

今までも、これからも、我々はコンテナ形状だから出来る事について考えて来ました。その結果下記のような用途や方向性に付いて新たな可能性を見いだして来ました。

また海外では日本の建築基準法ほど厳しい法規ではない事などから更に自由に色々なデザインの可能性を追求しています。下の写真は海外の例です。我々は、私どもが開発したユニットで掲載しているものと同じレベルまでの事は可能である事を検証して参りました。
開発初期は「ローコスト」に焦点を当てて突き進んできましたが、我々の開発と興味は現在「アート」レベルの方向へ行こうとしています。そしてもっとLOHASに、もっとECOにという路線を歩んでいます。

現代コンテナ建築研究所
archimetal.jp & Co.
shimouma setagaya-ku_tokyo_japan
info@archimetal.jp
Phone03-5787-8203 Fax03-5787-8204