HOME
サスティナビリティー


●スーパーダイジェスト

サスティナビリティーはこれからの建築が獲得すべき要件なのだが、一般的には難しい。
それをいち早くクリアした構造体と言えます。

 

 

コンプライアンス完全対応
可動性が可能にする、
サスティナブルで
エコロジカルなユニット建築

CORPORATE CONCEPT

 



開発者よりひとこと

私どもは、このコンテナハウスの建築システムを「サスティナブルユニットアーキテクチャ」と呼んでいます。
その自由度がもたらすサスティナビリティーを活かし、LOHASなシステムとして整いました。
間仕切のシステム、開口部のシステム、連結のシステム、設備配管のシステム、連結時の構造体のシステムなど、実はきちんと整ったシステムでありまして、建築用とはいえ、出来上がった箱を改造している訳ではなく、それらのルールを守って注文の度に組み上げています。
その中で「規格住宅」としてデビューさせたのが「ワンデザインクラス」というローコストバージョンの住宅で、これは内容が決って、量産体制をとりローコスト化した廉価版です。
一般にはご要望をお聞きして企画を練り、ご提案する「注文型」がメインです。こちらは「もはやアートだ」というレベルで対応しています。
したがって「別荘」や「店舗」などにうってつけのシステムです。湘南国際村作業所で、熟練された同じ職人が造り上げて行きますので品質を高く一定に保てます。

コンテナハウス

サスティナビリティー

「サスティナビリティー」とは持続可能性(じぞくかのうせい、サステナビリティ、英: sustainability)は、人間活動、特に文明の利器を用いた活動が、将来にわたって持続できるかどうかを表す概念です。経済や社会など人間活動全般に用いられますが、特に環境問題やエネルギー問題について使用され、建築においては、「造る」事も含めCO2の排出レベルを下げ、継続出来る人間の活動であるためにはその寿命、ライフサイクルコストなどを長期的に下げられる事が肝要になってきます。

重量鉄骨のフレームが、いくつもの代に渡って使う事が出来、使う場所すら変えられ、模様替えをしながら使っていく事が出来るという、サスティナビリティーに優れた構造体が当社の「サスティナブル・ユニット・アーキテクチャ」なのです。LOHAS建築のトップを走っていきたいと思っています。大きな意味で「無駄を省く事」「使い捨てはしない事」が基本。「スクラップアンドビルド」なんてとんでもない事です。その為には「システマティック」な構造基本体が必要となって来るのです。リユース性にも優れた構造躯体という事になります。どうしても手放す事になったとしても、中古市場が成り立つという事になります。そんな建築聞いた事もありません。

 

現代コンテナ建築研究所
archimetal.jp & Co.
shimouma setagaya-ku_tokyo_japan
info@archimetal.jp
Phone03-5787-8203 Fax03-5787-8204